小児矯正歯科

不正咬合=悪い歯並びは、心身に大きな影響を与えます。
歯並びが悪ければ、咬み合わせも悪くなり、上手く食べ物を噛むことができず、消化器官に負担を与えたり、頭痛や肩こりの原因になるなど、全身の健康に大きな影響を与えます。それは肉体的なものばかりでなく、精神的にも大きな負担に繋がります。

小児矯正歯科(子どもの矯正)では、将来、不正な咬み合わせの原因となる舌、口唇、呼吸、嚥下等の悪い習慣をなおし、理想的な発育を目指します。幼少期から、最適な時期を見逃さずに矯正治療開始することによって、将来的な抜歯治療の可能性を減らすことができます。

また小児矯正治療は、お子さまの持つ成長力を利用してお顔のバランスや歯並びを整えることが出来る点も、子どもの矯正の特徴です。歯並びをきれいにすることは虫歯、歯周病の予防にも繋がりますので、お子様の歯並びでお悩みの方や小児矯正治療をお考えの方は是非、草津市の歯科・歯医者ひとみ小町歯科の無料矯正カウンセリングをご利用下さい。

小児矯正歯科

小児矯正歯科の治療の流れ

歯並びを考えた場合、生まれてから成人するまでに下の図のような流れがあります。
正常に歯や顎が成長し、不正咬合にならず正常咬合の軌道を進めれば矯正治療の必要はありません。
しかしながら、舌、口唇、呼吸、嚥下等の悪い習慣や顎の成長や生えてくる歯の大きさなど様々な要因で、何もしなければ、将来不正咬合になるケースがあります。

その場合、幼少期から治療を始めれば、下の図のような「1期矯正治療」「2期矯正治療」を行う小児矯正治療での治療が可能であり、大人になってからの成人矯正と比較すると抜歯のリスクが低く、お口にかかる負担、大人になってから行う矯正治療の期間が少なく、治療費が低く抑えられる可能性があります。これが、幼少期から始めるメリットです。

小児矯正歯科の治療の流れ 小児矯正歯科の治療の流れ

大人になってからの矯正は、既に出来上がった不正咬合を治療する事になるため、抜歯をしなければならないケースがあります。また、子どもの場合は、成長を利用して歯並びなどをコントロールできますが、成人になってからは「成長」という力を用いる事もできない為、負担も大きくなります。
草津市の歯科・歯医者ひとみ小町歯科では、将来のお子様の健康的な歯並びや咬み合わせを得るために、最適な治療時期を見逃さず、小児矯正治療を開始することお勧め致します。

1期治療と2期治療

1期矯正治療(6歳前後~12歳前後)

具体的には、前歯が生え変わる小学校低学年から永久歯が生えそろい、顎の成長の目途が立つ中学校の前半頃が該当します。

この1期矯正治療では、取り外し可能な歯列の横幅を広げる矯正器具などを用いて、土台となる顎の形を整えたり、顎骨の成長を利用した骨格的な改善を行い、併せて歯並びや咬み合わせに悪影響を及ぼす舌や口唇、呼吸、嚥下等の悪い習慣をなおす指導も行います。舌や口唇、呼吸、嚥下等の悪い習慣が残っていると、矯正治療で歯並びを整えても元の不正咬合に後戻りする場合もあります。

また、この時期に歯列の横幅を拡げたり、顎の位置のバランスをコントロールすることによって、2期治療での抜歯のリスクを減らすことができます。
※1期治療を終えた時点で、正常な軌道に戻るケースもあります。その場合、1期治療で終了となりますが、より確実に綺麗な歯並び・咬み合わせを得られるように、2期矯正治療に入ることが基本です。

1期治療

2期矯正治療(12歳前後~成人)

2期治療は、1期治療を受けられていた方しか受けられない治療です。
1期治療の時期を逃された方は、全て成人矯正治療(大人の矯正治療)の扱いとなります。

具体的には、永久歯が生えそろい、顎の成長の目途が立つ中学生以降が該当しますが、患者様の成長や生え変わりの早さなどにより個人差があります。
この2期治療は、1期治療を終えられた方が、必要に応じて移行する治療です。基本的に2期治療は、生えそろった永久歯を綺麗に並べ、緊密な咬み合わせにするための仕上げの矯正治療です。
1期治療をしっかりと終えている為、抜歯をしての矯正治療などになることが少ないです。

2期治療

矯正治療が
必要な歯並び

出っ歯
出っ歯

上の前歯が極端に前に出ている

受け口
受け口

下の前歯が極端に前に出ている

乱ぐい歯
乱ぐい歯

歯の向きや位置が乱れている

すきっ歯
すきっ歯

歯と歯の間に隙間ができている

開咬
開咬

口を閉じていても歯が閉じない

交叉咬合
交叉咬合

嚙み合わせが合っていない

プレオルソ

草津市の歯科・歯医者ひとみ小町歯科では、「プレオルソ」を用いた小児矯正歯科治療にも対応しております。

「プレオルソ」は、現役の歯科医師(矯正専門)が開発した取り外しの出来る「マウスピース式矯正装置」です。永久歯に生え変わる前に使うと効果が高いと言われています。

永久歯に生え変わってからでは、1つ1つの歯に固定式の矯正装置をつけてワイヤーで歯を並べる、いわゆる「本格矯正」になりますが、小児(10歳ごろまで)の骨の柔らかい時期に始めることで効果が出やすい矯正方法です。80年以上も前から使われつづけている「機能的顎矯正装置」を新素材のマウスピースに改良した矯正方法です。

「歯ならび」だけでなく、「咬み合わせ」「お口ぽかん」の改善、「口呼吸から鼻呼吸へ」「舌のトレーニングによる正しい飲みこみや発音」など、お子さまを健康な体へ導くことを目的としています。

プレオルソ
プレオルソのメリット
  • 歯ならびが悪くなるのを予防できます
  • お口周りの筋肉のバランスを整えます

草津市の歯科・歯医者ひとみ小町歯科では、「プレオルソ」を用いた小児矯正歯科治療を実施しておりますので、ご希望の方は是非ご来院ください。

CONTACT

WEB診療予約はこちら LINE診療予約はこちら

tel:077-516-4180

ご来院の前に

初診かつ未成年者の方は、必ず保護者の方の依頼書が必要になります。来院前に依頼書を医院に取りに来て頂くか、ホームページにてダウンロードして頂き、全てご記入の上、ご来院下さい。

ひとみ小町歯科

〒525-0028 滋賀県草津市上笠4丁目3-30
センチュリーハイツ木村1F 駐車場完備

tel:077-516-4180

診療時間
9:00~13:00 /
14:30~18:30 /

●木曜日の午後診療は14:30~17:30です。
【休診日】水曜日、日曜日、祝日不定休
※最終受付は30分前まで

Copyright© Hitomikomachi Dental Clinic All Rights Reserved.

web診療予約
LINE診療予約