虫歯治療

虫歯治療

歯が「痛い」「しみる」などの症状があると、それは「虫歯」や「歯周病」などの可能性が高いです。虫歯は、口腔環境下の疾患として、もっともポピュラーな病気と言えます。その為、大した病気じゃないと思われている方もおられますが、虫歯を治療せず放置しておくと、大変なことになることをご存じでしょうか?

こちらでは、虫歯の詳細及び、虫歯治療の内容について掲載しておりますので、是非、ご覧ください。また、草津市の歯医者ひとみ小町歯科では極力痛みの少ない虫歯治療を提供できるように努めておりますので、その取り組みについても併せてご覧ください。

虫歯治療

虫歯の進行

虫歯は、感染症の一つであり、C0からC4まで5段階の進行をしていきます。
初期段階では痛みを感じず、自覚症状がないまま進行していきます。
「痛い」「しみる」などを認識できる時には、ある程度虫歯が進行している状態です。
そして、さらに虫歯の進行が進むと最悪の場合、
抜髄(=歯の神経を取る)や抜歯(=歯を抜く)しなければならない状態になります。

虫歯の進行 虫歯の進行
C0:脱灰

痛みもなく、虫歯を患っている自覚症状がありません。脱灰の段階なら、ブラッシングとフッ素塗布で、再石灰化して修復することができます。

C1:歯の表層(エナメル質)の虫歯

まだ痛みを感じる段階ではありませんが、脱灰状態とは異なり歯の表面にザラつきを感じたり、濁りが生まれてきます。脱灰段階と同様、歯を削る治療は行わず、ブラッシングと再石灰化を促す処置を行いますが、定期観察で虫歯の進行状態を確認することが必要です。

C2:歯の中(象牙質)の虫歯

沁みや痛みを感じる段階です。冷たいものなどを飲食した際に痛みなどが伴うため、多くの方がこの段階で歯科医院に来院されます。このC2の段階になると歯を削る必要性が出てきます。治療は、虫歯の箇所を削り、削った箇所を詰め物で保護します。

C3:神経まで達した虫歯

激しい痛みを感じることがあり、抜髄する(神経を取る)治療の必要性が出てきます。治療は、抜髄後に被せ物を装着します。

C4:歯の根まで達した虫歯

虫歯の最終段階で、炎症を起こして歯根(歯の根っこ)に膿が溜まります。最悪の場合、抜歯(歯を抜くこと)が必要な段階です。

早期発見・早期治療が重要です

どんな病気でも早期発見・早期治療が良い結果に繋がります。虫歯も早期発見すれば、歯を削らず、また削る部分が少なく治療することが可能なので、歯科医院での定期検診をしっかりと受診されることをお勧めいたします。また、虫歯治療後、再発しないように定期健診と日頃のホームケアで予防し、健康な歯を維持しましょう。

痛みの少ない治療への取り組み

患者様が早期に歯科医院(歯医者)へご来院頂きやすくするために、
草津市の歯医者ひとみ小町歯科では、以下のような「極力痛みの少ない治療」に取り組んでいます。

歯茎に塗る表面麻酔

表面麻酔薬

注射を用いる必要性がある時には、歯茎に表面麻酔という塗り薬を塗布することにより、注射針が刺さる時の痛みの軽減が望めます。

歯科用電動注射器

歯科用電動注射器

手動で麻酔液を一気に注入すると痛みを伴うことがある為、当院では、歯科用電動注射器を用いて一定の速度で麻酔液を注入します。

35Gの麻酔注射針

35Gの麻酔注射針

一般的に使用されている「27G」ではなく、当院では販売されている注射針の中で1番細い「35G」を使用し、刺さる際の痛みの軽減。

CONTACT

WEB診療予約はこちら LINE診療予約はこちら

tel:077-516-4180

ご来院の前に

初診かつ未成年者の方は、必ず保護者の方の依頼書が必要になります。来院前に依頼書を医院に取りに来て頂くか、ホームページにてダウンロードして頂き、全てご記入の上、ご来院下さい。

ひとみ小町歯科

〒525-0028 滋賀県草津市上笠4丁目3-30
センチュリーハイツ木村1F 駐車場完備

tel:077-516-4180

診療時間
9:00~13:00 /
14:30~18:30 /

●木曜日の午後診療は14:30~17:30です。
【休診日】水曜日、日曜日、祝日不定休
※最終受付は30分前まで

Copyright© Hitomikomachi Dental Clinic All Rights Reserved.

web診療予約
LINE診療予約